オナ電で使える擬音紹介(キス・手コキ・フェラ抜き・パイズリ・クンニ)

「オナ電してみたけどリアリティのあるエッチを再現できなかった」
「やってみたけど現実味がなくてお互いに萎えてしまった」

オナ電する上で重要なのは音です。主に電話越しに会話するのですから、視覚よりも聴覚を刺激する事が重要になります。
そこで使えるテクニックが擬音です。

セックスにおけるキス・手コキ・フェラ抜き・パイズリ・クンニなどを音で表現できるようになると電話越しにエッチしている様な雰囲気を感じられます。

擬音を出す際に必要な道具

飴やアイス
棒状の飴やアイスはフェラを表現する時に一番使えます。フェラしている様に舐めれと、形が似ているのでフェラしている様な音が出ます。もしない場合は代用として自分の指をしゃべるのがおすすめです。

ローション
手コキでのペニスをしごく音や、オマンコが濡れている音を表現するならローションは必須です。クチュクチュと音が出るのでオナ電以外でもローション好きな人もいます。

飲み物
キスはもちろんクンニの音を出す時も吸うので喉が渇きます。いつもより喉が渇くので水や飲み物は必ず用意しておきましょう。

擬音を出すコツ

キス
キスは主にディープキスの音ですが口の中で舌が歯を舐めたりする事や舌なめずりする音が出さればディープキスに似た音が出ます。

クンニ
直接オマンコを舐めるクンニですが、何かを舐める音はもちろん、吸うのも有効です。特にクリトリスを吸う時は細いものを吸う気持ちで音を出しましょう。

手コキ
ローションを手に付けてくちゃくちゃと音を出すだけで十分な手コキの音が出ています。勃起したチンコによだれを垂らすプレイならローションを使って表現しましょう。

フェラ
棒状のものを舐めたり吸う事でフェラを表現できます。周りを舐めるなどよだれを多く含んで舐めると良い音が出ます。

まとめ 電話越しでも恥ずかしがらずに音を出す

電話越しだからといって恥ずかしがって声を出さなかったり、擬音が出来ない場合ります。恥ずかしがって出来ないと相手にとって迷惑がかかるので、やるときは思い切ってやりましょう。