アナルオナニー(アナニー)とは?精子が出ないドライオーガズムの快楽に浸る

「普通のオナニーより気持ち良い」「男性でも女性が味わえる快楽に浸れる」と中毒性が高いアナルオナニー(アナニー)についてご紹介します。

アナルオナニー(アナニー)とは?

アナルオナニーとは、肛門から前立腺を刺激して快楽を味わうオナニーの事を言います。ペニスをシコシコして射精とは全く違うやり方ですが、女性とオーガズムを感じるのと同じような快感を男性も感じられると人気です。

ドライオーガズムについて

精子を射精せずに何回もオーガズムに達する事をドライオーガズムと言います。女性と同じ様なイキ方ができるのでかなりの刺激を味わえます。

アナルオナニー(アナニー)はリスクがある?

普通の射精以上の快楽を味わえるわけですから、当然もっと普及するのが普通です。しかしアナルオナニーにはリスクがあるのです。

  • 肛門が緩くなる・直腸が脱肛する
  • 気持ち良すぎて中毒になる
  • 男のチンコを入れたくなる
  • 性病になりやすい

アナルオナニーを一人でできる様になってくると、さらに快楽を求める為に太いバイブを入れたくなってきます。あまりに大きなものを肛門に入れてピストンすると直腸がアナルから出てきて肛門が広がったようになります。
そうなると肛門が緩くなって、下痢などの場合には漏れることが増えます。

また味わった事がない快楽を味わえますし、射精もしなければ何回で可能です。ドライオーガズムでイキすぎて生活に支障を及ぼす事例もあります。

またバイブだけでは物足りず、本物のチンコを入れてみたくなってきます。女性として扱われると女装癖も出てきて、性癖が大きく変わってきます。

また妊娠する事がないので、生ハメ中出しが多く、性病に掛かる確率が高いので注意しましょう。

アナルオナニー(アナニー)のやり方

初めての方がアナルの快感を味わうのは一人では難しいでしょう。

エネマグラなど大人のオモチャを使う

アナルオナニー専用のバイブとしてエネマグラというものが売られています。自分の指で直接肛門に指を入れるのは、腸を傷つける可能性があるのでおすすめしません。一人でアナルオナニーをする場合は、まずエネマグラを利用しましょう。まずは小さいサイズのものを購入し、ローションを付けて入れる練習から始めましょう。最初は気持ち悪いと感じるかもしれませんが、何度かやると突然物凄い快楽が味わえるようになります。

風俗店でアナル開発してもらう

一人でするのは不安、慣れている人に開発してもらった方が安心です。風俗ではアナルの開発からペニバンによる挿入まで色々なオプションがあります。一人でするよりも料金がかかりますが、女性に肛門を触られたり、指を入れられる方が自分でするより気持ちがいいです。女の子によって上手い下手があるので、上手い風俗嬢に当たったら何度かリピートした方がいいでしょう。

一度アナルでイク感覚がつかめると、自分でアナニーもしやすくなります。